公文協シアターアーカイブス

無 料

TPAM2021配信事業「TPAMエクスチェンジ」:JaDaFoダンスシンポジウム2021「コンテンポラリーダンスを巡って」

本編再生時間:04:34:58

こちらはサンプル映像です。本編をご視聴いただくには会員登録が必要です。 登録がお済みの方はログインしてください。

作品情報

  • 開催場所
    横浜赤レンガ倉庫 1号館 2Fスペース
  • 開催時期
    2021/02/12 (金)
  • 本編再生時間
    04:34:58
  • 団体名
  • 出演者
    テーマ1:楫屋一之 (進行) | 北村明子 (ゲスト) | 岡見さえ | 小野晋司 | テーマ2:尼ケ崎彬 (進行) | 湯浅永麻 (ゲスト) | 佐藤まいみ | 貫成人 | テーマ3:榎本了壱 (進行) | 矢内原美邦 (ゲスト) | 唐津絵理 | 芳賀直子
  • スタッフ
    大野隆介(撮影・編集)
  • 内  容
    表現価値の創造性(creation)を支援することを目指して2003年から活動している日本ダンスフォーラム(JaDaFo)は、評論家、学者、研究者、ディレクター、プロデューサー等の複合的な舞踊関係者によって構成され、15回目を迎えた「日本ダンスフォーラム賞」を中心にシンポジウム等の事業を展開しています。

    今回は、北村明子、湯浅永麻、矢内原美邦の3名のゲストアーティストとJaDaFoメンバーが、コンテンポラリーダンスを取り巻く環境、世界と日本のダンスの系譜と潮流、アート領域におけるダンス等をテーマに、コンテンポラリーダンスの過去・現在・未来を巡る、三部構成のシンポジウムを行いました。

    テーマ1:「コンテンポラリーダンスの環境~ダンサー、メディア、プロデューサーの視点から」

    テーマ2:「コンテンポラリーダンスの総括~ダンスの系譜と歴史」

    テーマ3:「コンテンポラリーダンスの現在と未来~クリエイティブ・カルチャーの中のダンス」パネラー:

    JaDaFoメンバー:尼ヶ崎彬/石井達朗/榎本了壱/岡見さえ/小野晋司/楫屋一之/川崎徹/唐津絵理/佐藤まいみ/立木燁子/西田留美可/貫成人/芳賀直子/三浦雅士
  • 補足情報
    このシンポジウムは、TPAM – 国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2021の交流プログラム「TPAMエクスチェンジ」の一環として実施されました。

    主催:日本ダンスフォーラム(JaDaFo)、横浜赤レンガ倉庫1号館、国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2021実行委員会
  • 配信期間

    2021/03/08 (月) 16:31 ~ 2021/08/31 (火) 23:59

レビュー

レビュー投稿はありません