公文協シアターアーカイブス

無 料

古関裕而コンサート 「わがまち春日井」

本編再生時間:01:20:08

こちらはサンプル映像です。本編をご視聴いただくには会員登録が必要です。 登録がお済みの方はログインしてください。

作品情報

  • 開催場所
    春日井市民会館
  • 開催時期
    2020/08/22 (土)
  • 本編再生時間
    01:20:08
  • 団体名
  • 出演者
    柴田祥(指揮) | 中西明 | 津田伸子(おはなし・歌) | 大久保亮 | 杉浦孝治 | 西元佑 | 松下伸也(古関裕而コンサートスペシャルコーラス隊) | セントラル愛知交響楽団(管弦楽)
  • スタッフ
    小松淳子/公益財団かすがい市民文化財団 | 藪田哲也/幸田町文化振興協会(台本・構成) | セントラル愛知交響楽団 | 小塚憲二 | 遠藤秀安 | 谷川みなみ(オーケストラ用アレンジ)
  • 内  容
    NHKの朝ドラ「エール」主人公のモデルとなった作曲家・古関裕而。
    昭和を彩った名曲と、古関裕而が春日井市民のために作った曲「わがまち春日井」など、選りすぐりの25曲をセントラル愛知交響楽団の演奏でお届けします。

    《演奏曲目》
    スポーツ・ショー行進曲、紺碧の空~早稲田大学応援歌~、我ぞ覇者~慶応義塾大学応援歌~、巨人軍の歌―闘魂こめて、阪神タイガースの歌(六甲おろし)、栄冠は君に輝く、船頭可愛や、露営の歌、愛国の花、暁に祈る、雨のオランダ坂、イヨマンテの夜、黒百合の歌、フランチェスカの鐘、あこがれの郵便馬車、名城大学第二応援歌「真澄の空に」、王子製紙春日井工場 工場歌、わがまち春日井、「ひるのいこい」のテーマ、とんがり帽子、君の名は、モスラの歌、長崎の鐘、高原列車は行く、オリンピック・マーチ
    -------------------------------------------------------------------------------
    古関裕而(本名、古関勇治)は、明治42(1909)年福島市大町に生まれ、昭和5(1930)年9月に日本コロムビア(株)に作曲家として入社、以来、 作曲活動を継続し、戦前においては「露営の歌」「暁に祈る」等の歴史的作品を残したほか、戦後の荒廃した社会の中にあっては「とんがり帽子」「長崎の鐘」 等未来へ希望抱かせる明るい歌謡作品を発表し多く人に愛唱されています。
    さらに、菊田一夫氏とのコンビで昭和22(1947)年以降は放送作品に力をそそぎ、NHKラジオ・ドラマ「鐘の鳴る丘」「さくらんぼ大将」「君の名は」 等の主題歌を発表し一世を風靡したことはあまりにも有名です。こうした数々の放送関係における業績により同28(1953)年NHK放送文化賞を受賞しました。また昭和39(1964)年アジアで初めて開催されました東京オリンピックの選手入場行進曲「オリンピック・マーチ」を作曲しました。作曲作品総数 は、5,000曲にもおよび、スポーツ・ラジオドラマ・歌謡曲・演劇・校歌・社歌等、多岐にわたっています。こうした一連の功績によって昭和 44(1969)年には紫綬褒章を受章しています。
    また、昭和54(1979)年4月には福島市名誉市民第一号となり、その功績と栄誉をたたえられています。
  • 補足情報
    [主催]公益財団法人かすがい市民文化財団 [共催]春日井市
    [協力]福島市、豊橋市、福島市古関裕而記念館
    [資料提供]東宝株式会社演劇部、王子製紙春日井工場、名城大学
    [企画制作]公益財団法人かすがい市民文化財団、幸田町文化振興協会

    [助成]芸術文化振興基金
  • 配信期間

    2021/03/19 (金) 12:00 ~ 2021/04/30 (金) 23:59

レビュー

  • 2021-03-25 22:15:08
    鬱々とした気持ちが吹き飛ぶような元気になれるコンサートです。ありがとうございます。